株を始めたきっかけ

今回は自分が株を始めたきっかけについて書いてみようと思う。

自分が株を始めた一番初めのきっかけは、大学を卒業して社会人になって間もない10年程前に「経験として一度優待株を買ってみたい」と思ったことがきっかけ。当時からいろんな優待株があってなぜか「すき家(ゼンショーホールディングス)」の株を100株(95000円くらい)購入した。理由は覚えていないが、特にすすき家が好きというわけではないので単純に安かったのだと思う。それ以降、半年に一度配当が振り込まれたり、株主総会の通知株主優待のお食事券が自宅に届いたりするようになった。

自分が積極的に買うようになったのはここ1年くらいで、社会人歴が長くなって、あまりお金を普段使わない自分は貯金が1000万…1500万と溜まっていって「このままお金を貯めていっても生涯使わないんじゃないか?。お金(配当)や物(優待)を定期的に生み出す機械のような「株」を積極的に買って生涯持ち続けたほうがもっと幸せになれるんじゃないか?」と思ったことがきっかけ。

はじめは勇気がいったけど、安い時に次々と買って、もう合計で800万近くの日本の個別株を持っている(50銘柄以上持ってる)。すかいらーく・カッパクリエイト、吉野家・アトム・サンリオ…といった有名な優待株はほぼ持ってるかな。

株を積極的に買うようになってから配当や株主優待が頻繁に自宅に届き、それまでよりは人生の楽しみが増えたような気がする。株主優待で新しいお店を知ることができるし、配当で食料を買って浮いたお金を再投資することもできるし。

今は日本の個別株が多いけど、いずれ外国株も買って最終的には2000万くらいにしたいな~と思う。このまま自分がずっと独身だったら、テレビで有名な元将棋棋士の桐谷さんみたいに株主優待や配当だけである程度生活できたらなって思う笑笑。(既に年間30万程度入るから、全くの夢物語でもない)。

今後このブログに株主優待の感想なども書ければなと思う。

昨日はサンリオの株主総会の案内が届いた

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。